《フェラチオ講座》

 

フェラチオが苦手という声をよく耳にするので、フェラチオのコツを集めてみました。説明しやすいよう男性器の竿のことを『タオタオ』・玉のことを『タムタム』と呼ばせていただきます。

 

① 歯を当てないように

フェラチオで一番注意しなければならないことがこちらです。タオタオはとってもデリケートで、少しでも歯が当たると激痛が走ります。一気に性欲が冷めてしまうことも…。コツは、下歯はベロで・上歯は上唇でガード。

② 順番を考える

 

ほとんどの女の子はいきなりタオタオをパクッとします。これは、いきなりクリトリスを触る男性と同じです。最初は手で触ってあげるとか、タオタオではなくチクビを舐めてみるとか、いろいろ工夫してみてください♪

③ 唾液でヌルヌルにしてあげる

 

タオタオとタムタムを唾液でべっちょりにしてあげるだけで、ワンランク上のフェラチオになります。「唾液をだすのは大変」という方の為に、口に含んでも大丈夫なローションも売っているのでおすすめです。

④ タムタムも可愛がってあげる

 

ほとんどの方は、フェラチオというとタオタオだけに集中してしまいます。タムタムにも性感帯がありますので、タムタムを舐めたり、口に含んでみたり、揉んであげてみましょう。

⑤ 手も使う

 

口だけより、手も使ってもらったほうが断然気持ちがいい。タオタオをこすったり、タムタムを揉んであげたりしてください。

⑥ しっかりと音を立てましょう

 

男性は音にも興奮するので、フェラチオをするときは「ジュポジュポ」と音を立ててあげましょう。