膣ケア~筋力をつける~

膣ケアの3つ目は筋力をつける。
膣の筋肉?どこのことだ?と、思う方も多いはず^ ^
ポイントは4つ。

① 膣ケアに必要な筋肉とは

『骨盤底筋群』という筋肉を鍛える必要があります。

② 骨盤底筋群ってどこにあるの

骨盤底筋群とは恥骨結合、左右の坐骨、仙骨、尾骨をハンモック状につないでいるインナーマッスルのことです。
子宮や膀胱、直腸などの大切な臓器を、正しい位置にキープする役割を果たしています。

また、尿道や肛門、膣を締めたり開いたりします。
おしっこを止める時に使う筋肉、と覚えておくのもいいでしょう。

③  どうやって鍛えるの

以下のステップに従ってください。

1.まずは骨盤底筋に意識を集中させてください。
次に膣を引き上げるようにして力を入れます。
このとき、脚やお尻、腹筋に力を入れないように気をつけてください。

2. 最低4秒間維持してください。
継続するとより長い時間できるようになります。
10秒まで維持することができるか試してみてください。

3. 口からゆっくり息を吐き出しながら徐々に力を抜いてください。
これを10回〜20回連続で行うことを1セットとし、一日最低3セット繰り返してください。

この方法以外にも様々なトレーニング方法があります。
インターネットや書籍などでご自身に合ったトレーニング法を探してみてください^ ^

④ 膣トレグッズ

膣トレを色々と調べてみたけどよく分からないという方には膣トレグッズを使ってみるのも良いかと思います^ ^

lCインナーボールは日本人の女性に合わせたサイズで、医療用器具にも使われる独特なソフト感を持つ「シリコンエラストマー素材」を使っているので初めての方にもおすすめです^ ^
膣トレセット

《このページで紹介した商品》


①lCインナーボール